新着記事

辞世の句

三好義賢(実休)【辞世の句】

武将データ
なまえ みうら よしかた(じっきゅう) 三好義賢 実休

Wikipediaより

出身 阿波国
家紋 三階菱に釘抜
主家 細川家
享年 36歳(1527~1562)

 

三好義賢の辞世の句

【草枯らす 霜又今朝の 日に消えて 報いのほどは 終に逃れず】

歌意:草を枯らす霜も、朝になったら草の報いを受けたように消えてしまうものだ。(戦国の世になぞらえて詠っている。何人もの人を殺めてきたのだから、いつか私も報いを受け殺されるのだという意。)

 

【草枯らす 霜又今朝の 日に消えて 因果はここに 廻りに来けり】

歌意:草を枯らした霜も、朝には報いを受けたように消えてしまう。因果とはこのように巡るのだなぁ。

 

 

三好義賢ってどんな戦国武将?

不名誉な記録

 

四国一円を治めていた武将です。正確には当主の弟とというポジションです。
主に政治外交をしていました。

いきなり享年の話をしてしまいますが36歳で亡くなっています。
なぜこんな話をするかというと、義賢は名のある武将で、初めて鉄砲で討ち取られた武将という記録が残っているからです。

武士としてはなんとも不名誉な記録ですね(´・ω・)

一応フォローしておくと義賢の死後、三好衆はあれよあれよと崩されていきます。これは義賢が弟というポジションにありながらも、存命時は優れた統率を奮っていた証ということです。

 

妙国寺を建立

義賢は文化への造詣が深い事でも名が知られています。

仏教の日蓮宗の本山でも知られる妙国寺(大阪府堺市堺区)を建立しており、これは日珖という僧に帰依したことから始まりました。しかし、妙国寺を創建したはいいものの、完成しきるまえに義賢が戦死してしまったため、未整備の状態がつづいたとされています。

↓よろしければクリックをお願いします。

-辞世の句
-

Copyright© 戦国武将〜辞世の句・名言から生き方を学ぶ〜 , 2022 All Rights Reserved.